主婦がお金を借りるには[スマホでも可能]

主婦の方でも、パートやアルバイトなどで勤続年数もあり安定収入のある方であれば、下記よりお金を借りることも可能です。
便利なカードローンやキャッシングは、返済計画をしっかりと考えてから申込しましょう。

 

専業主婦,お金,借りる,スマホ

新生銀行カードローン レイク ☆オススメ

 

ご融資額 1万円〜500万円
実質年率 4.5%〜18.0%

 

>>新生銀行カードローン レイク公式サイト

 

 

 

 

ご融資額 1万円〜500万円
実質年率 年4.5%〜17.8%

 

>>プロミス公式サイト

 

 

 

 

専業主婦,お金,借りる,スマホ

モビット

 

ご融資額 1万円〜500万円
金利 年4.8%〜18.0%

 

>>モビット公式サイト

キャッシングはゆとりを持つこと

専業主婦,お金,借りる,スマホ

どのような事情でも、どのようなケースでも、キャッシングにおいて考えたいことは「返済」のことです。ですが、同時に「絶対に必要になるお金」のことも考えて、月々無理のない金額で返済を続けるのがポイントです。光熱費の平均値、食費の目安、その他必要なお金をある程度定めることは「予算を組む」ことでもあります。

 

一言に「予算」といっても、それがどのような性質のものなのかということが問題です。その予算は計算で弾きだしたものではあっても、実は季節によって変動したり、ギリギリのラインでしか設定していなかったり、実際の生活では理に適っていないというケースがあります。そこにキャッシングの返済分を上乗せするのです。キャッシングの返済額は予め決めた数字なので良いとして、メインの支出である生活費が全然予定通りにいかないということになると一気に生活に負担が大きくかかります。結果、返済を伸ばそうと考えたり、さらに借り入れたりすることになることも多いです。

 

ポイントはある程度の「幅」を持ってプランを立てることです。ただ計算で弾きだしたギリギリの金額でプランを組むと、日々発生するさまざまな局面に対応し切れなくなるのです。

 

「計画」することはとても大切なことですし、キャッシング際の定石です。ですが、さまざまな外部要因によってその計画が崩れてしまうということも多々あります。そのような事を加味して、ゆとりを持った計画にしておくことで、少し浪費がかさんだ月でも予定通りに過ごすことができるようになります。

消費者金融と銀行のキャッシングの違いについて

専業主婦,お金,借りる,スマホ

キャッシングと一口に言っても、消費者金融のキャッシング、銀行のキャッシング、カード会社のキャッシングなど色々種類があります。
キャッシングとカードローンは、ちょっと違うものなのですが、現在はほぼ同様のものとして扱われています。

 

しかし、消費者金融などのキャッシングと銀行のキャッシングには違いがあるのをご存知でしょうか?法律で貸金業法というものがあり、色々な規則が定められています。
その中に総量規制という決まりがあり、消費者金融では、総ての借入額が収入の1/3以上になってはならないと決められています。

 

故に収入のある人しか消費者金融では借り入れする事が出来ないのです。
しかし、銀行が行っているキャッシング(正確にはカードローン)に関しては総量規制外なので、収入の無い主婦などでも借り入れする事が可能になっています。

 

利用枠は小さく設定されていますが、困った時には頼りになるのがキャッシングですから、利用出来るのはありがたいですね。

更新履歴